コラム

オルゴールにちなんだ
コラムをお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 世界初のオルゴール

世界初のオルゴール

世界で初めて作られたオルゴールとはどんなものだったのでしょうか。オルゴールの元を辿ると中世ヨーロッパのカリヨン(組鐘)にいきつきます。カリヨンは街の塔にあり、人々に時間を知らせる役割をしていました。違う音程を奏でる鐘をいくつか取り付けておくことで色んな音色を奏でることができました。そのカリヨンは家庭用に次第に小型になっていくのですが、ベルを小さくすると音色にも制限ができ、中々思ったように曲が奏でられませんでした。そこで、スイスの時計職人のファーブルは、ベルの代わりに金属の板を使うことを思いつき「ベルのないカリヨン」を作ったのです。これが世界で初めてのオルゴールだと言われています。

オルゴールも元々はそれ自体を作ろうとして生まれたのではなく、何かの可能性や実用性を広げるために開発されたのですね。

スマートオルゴールMuroBoxの発明は、カリヨンからオルゴールになったそのきっかけと通じる部分があります。オルゴールが何曲も流せたら、自分のプレイリストが作れたら、自分で作曲できたら、、。人々がオルゴールに抱いていた可能性を実際に再現したのがMuroBoxです。

スマートオルゴールが当たり前になる日はそう遠くはないのかもしれません。

関連記事