【日本のオルゴール】歴史 はじまりは江戸時代

【日本のオルゴール】歴史 はじまりは江戸時代

 

 

日本にオルゴールが紹介されたのは1852年、江戸時代。

 

オランダ人が、日本に持ち込んだことが始まりといわれます。

 

そこから日本独自のオルゴールの歴史が始まりました。

 

 

鎖国の時代に紹介されたオルゴール

 

鎖国をしていた日本で取引ができたのは、オランダ人のみだった時代でした。

 

オルゴールは、1852年江戸の深川で、見世物小屋での演奏が市民の間で流行し、オルゴールが日本で広まるきっかけとなります。

 

演奏者がいなくても弾ける、小型の手回しオルゴールが紹介されたのではといわれています

 

 

日本人が初めて作ったオルゴール

 

オランダ人から紹介されたオルゴールは、ヨーロッパの技術をそのまま取り入れることが難しく、日本独自の技術を用いて作られていきます

 

小林伝次郎という時計職人が、日本で初めてオルゴールを作ったという記録が残っています。

 

江戸時代末期のことでした。

 

枕時計という、オルゴールを組込んだ目覚まし時計を作り、日本初のオルゴールが誕生しました!

 

日本最初の時計だったともいわれています。

 

オルゴールの音楽は民謡だったと伝えられています。

 

今でもその実物は、国立科学博物館博物館に保管されています。

 

 

オルゴールの広まり

 

明治、大正時代にオルゴールは音楽を楽しめるツールとして広まっていきます。

 

ほとんどがスイス製のオルゴールだったそうです。

 

その後、昭和初期頃から、日本独自に研究と開発を重ねオルゴールが作られました。

そして、かつてはヨーロッパ中心であったオルゴール産業は、日本へと移り、世界中で販売されるようになりました。

 

【世界のオルゴール】歴史 はじまりはスイス

 

 

日本のオルゴール発祥の地

 

日本のオルゴール発祥の地は長野県、下諏訪町(しもすわまち)。

 

戦後の高度成長期にオルゴールの生産が、美しい信州の大自然の中で本格的にスタートしました。

 

「東洋のスイス」と評され、世界が認めるオルゴールがこの地で生産されました。

 

オルゴールは英語ではなく日本語!オランダ語から由来

 

 

オルゴールは進化し続ける

 

江戸時代から日本に伝わったオルゴールは、日本の技術などを基にして進化してきました。

 

1つのオルゴールで無限の曲を奏でることができるまでに進化した【Muro Boxka】は、オルゴールの新しい日本の歴史を刻み続けます。

 

 

ブログに戻る