コラム

オルゴールにちなんだ
コラムをお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. オルゴールが初めて日本に来たのは?

オルゴールが初めて日本に来たのは?

オルゴールが初めて日本に渡来したのは江戸時代のことでした。当時は鎖国中で国外のものはあまり流通していませんでしたが 、政府と唯一取引のあった一人のオランダ人が日本に持ち込み、江戸の見世物小屋での演奏が市民の間で流行したのです。
それを見た時計職人の小林伝次郎という人があれはなんだろう?と研究し、日本初のオルゴールが作られました。ヨーロッパの技術をそのまま取り入れることは容易ではなかったため、実際にはほとんどが日本独自の技術を用いて作られることになりました。
こうして目覚まし時計に音がなる仕組みを組み込んだ枕時計と呼ばれるものが出来上がりました。日本初のオルゴールの誕生です。今でもその実物は国立科学博物館博物館に保管されています。
こうして明治、大正時代にオルゴールは市民の間にも広まるようになったのでした。

関連記事