コラム

オルゴールにちなんだ
コラムをお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 【日本のオルゴール】歴史 はじまりとは?

【日本のオルゴール】歴史 はじまりとは?

 

現在ではさまざまな種類があるオルゴール。

日本にオルゴールはどのように伝わりはじまったのでしょうか?

オルゴールの歴史、はじまりを知り、オルゴールをより深く好きになってみましょう。

 

【日本のオルゴール】歴史 はじまりとは?

 

日本にオルゴールが紹介されたのは1852年、江戸時代。

そこから日本独自のオルゴールの歴史が始まりました。

 

鎖国の時代に紹介されたオルゴール

オルゴールは、江戸時代に鎖国をしていた江戸幕府と、ゆいいつ取引のあったオランダ人から日本に紹介されました。

鎖国をしていた日本で取引ができたのは、オランダ人のみだった時代でした。

オルゴールは、1852年江戸の深川で見世物として公開され、オルゴールが日本で広まるきっかけとなります。

演奏者がいなくても弾ける、小型の手回しオルゴールが紹介されたのではといわれています、

 

日本人が作ったオルゴール

オランダ人から紹介されたオルゴールは日本で独自に作られていきます。

小林伝次郎という時計職人が日本で初めてオルゴールを作ったという記録が残っています。

江戸時代末期のことでした。

高級置き時計のようなオルゴールで、日本最初の時計だったともいわれています。

オルゴールの音楽は民謡だったと伝えられています。

その後、明治、大正時代にオルゴールは音楽を楽しめるツールとして広まっていきます。

ほとんどがスイス製のオルゴールだったそうです。

その後、昭和初期頃から、日本独自に研究と開発を重ねオルゴールが作られました。

かつてはヨーロッパが中心であったオルゴール産業は、日本へと移り世界中で販売されるようになりました。

 

日本のオルゴール発祥の地

日本のオルゴール発祥の地は長野県、下諏訪町(しもすわまち)。

戦後の高度成長期にオルゴールの生産がこの地で本格的にスタートしました。

美しい信州の大自然の中でオルゴールが誕生していきます。

「東洋のスイス」と評され、世界が認めるオルゴールがこの地で生産されました。

【世界のオルゴール】歴史 はじまりはスイス  

 

オルゴールは日本語?

オルゴールという言葉はなんと日本語なのです!

オルゴールは江戸時代に、オランダ語でオルガンを意味するオルゲルという名称で紹介されたことがはじまりでした。

そこからオルゴールと日本で呼ばれるようになったといわれています。

日本でオルゴールが紹介された頃は、楽器と思われていたようで「自鳴琴」という名前で呼ばれていました。

オルゴールは進化し続ける

 

江戸時代から日本に伝わったオルゴールは、日本の技術などを基にして進化してきました。

1つのオルゴールで無限の曲を奏でることができるまでに進化した【Muro Boxka】は、オルゴールの新しい日本の歴史を刻み続けます。

Muro Box

 

 

関連記事